スプレッドシート 仕事効率化

【簡単自動更新!】スプレッドシートとGoogleスライドの連携法を解説

GoogleスライドはGoogleの提供するパワーポイントのようなWebアプリです。

パワーポイントでできる機能は大抵スライドでもできます。

さらに優れた特徴としてスプレッドシートで作ったグラフをスライドに貼り付けると、スプレッドシートの更新と連動することです。

スプレッドシートを編集するだけでスライドも更新されます。データが更新されるたびにグラフを貼り付け直す手間がなくなります。

スプレッドシートとはなにか自体は下記で解説しています。

参考スプレッドシートとは?Excelの代わりに無料で使える表計算ソフトの使い方

Excelは仕事には欠かせないソフトですが、導入するには1万円以上かかります。 事務処理の副業で稼ぎたい人や私生活での小遣い帳作りたい人にとっては、1万円は高すぎます。 そこで紹介したいのがスプレッド ...

続きを見る

この記事では連携機能の詳細について解説します。

スプレッドシートの表とスライドの連携

表が入ったスライドを仕事で作成することはよくあります。

これからは直接表を作成して値を更新するのはやめましょう。

スプレッドシートをリンクさせることで、スプレッドシートを直接編集して修正できます。

やり方は簡単です。

スプレッドシートの表にしたい範囲をコピーします。

スライドに貼りけると、下記の画面が出ますのでスプレッドシートにリンクを選択します。

これで貼り付け完了です。

スプレッドシートの変更はすぐにはスライドに反映されません。

反映させるためには表の右上に現れる更新ボタンをクリックします。

これで変更内容が反映されます。

スプレッドシートのグラフとスライドの連携

グラフに関しても同様です。

スプレッドシートに家賃についての縦棒グラフを作成しました。

このグラフもスライドに貼り付けることで、スプレッドシートに連動して更新されるグラフになります。

まとめ

スプレッドシートとGoogleスライドの連携について解説しました。

この記事が役に立ちましたら、SNSでシェアいただけると嬉しいです。

あわせて読みたいバージョン管理は不要 スプレッドシートの変更履歴保存機能

Excelと異なりスプレッドシートでは変更履歴が自動で保存されていていつでも呼び出すことが可能です。 会社の仕事でExcelを使っている方は一つの目的の資料に対して複数の資料を作成する場合もあると思い ...

続きを見る

-スプレッドシート, 仕事効率化

Copyright© テクブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.