データサイエンス

【基礎を学ぶ】初心者が統計からのデータ分析を学ぶのに役立つ本を3冊紹介

統計学は最も役に立つ学問と言われています。

なので世の中出入りろ使われているので今までデータ分析をやってこなかった人でも突然統計学に出会う人もいます。

あなたもそんな人の一人では有りませんか?

たとえば「仕事で突然マーケティングデータ分析を任せられたけどどうやって学べばいい?」って悩んでいませんか?

はたまたに「データ分析に触ってみたけど、以外に面白い。もっと学びたい。」って興味を持っている人もいるかも知れません。

効率良く学ぶには本が良いですが、色々な本があるのでどれを選べばいいかわかりませんよね。

そんなデータ分析の初心者のあなたに今まで30冊以上の統計学の本を読んできた中で特に初心者に統計データの分析を学ぶのにおすすめの本を3冊紹介します。

統計の基礎がわかるとデータ分析の質が上がって、これまで見えてこなかったものが見えてきますよ。

データサイエンスの基礎でもあるのでぜひ勉強してみてください。

初心者が統計学を学べる本3選

データ分析の基礎である回帰分析を学べる。アイスクリーム屋の来店数予測というありそうな例を用いて単回帰や重回帰を説明している。イラスト付きでストーリーもあってとっつきやすい。

学べる内容としては重要なところは抑えているので、回帰が何なのかわからない人はまずこれを読んで見るといいです。


データ分析が実務でどんな使われ方をしているかがわかります。大阪ガスのデータ分析部隊の実際の業務の実例を交えて説明しています。

データ分析が企業のなかでどんなふうに役立つのか、分析業務の社内のあるべき立ち位置がわかります。

自分がデータ分析の仕事に関わっているなら、立ち位置を把握する上で読むことをおすすめします。

統計学として重要なところを網羅している。教科書的な本だが身近な例を通じて分かりやすく説明する工夫が施されている。

統計学の基礎は網羅しているので、一度読んだあとに辞書的に活用すると良いです。

まとめ

初心者がデータ分析を学ぶための本を紹介しました。

データ分析をすべて網羅しようとするとかなり奥深いですが、まずは統計の基礎と回帰分析の基礎、データ分析の仕事とはなにかを学びましょう。

-データサイエンス

Copyright© テクブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.