bluetoothの画像

Bluetooth

Bluetoothってなに?バージョン、互換性や接続方法について解説

イヤホンやマウスに使われているBluetoothですが、よくわからないまま使っていませんか?わからなくても使えますが、技術内容がわかっているとより良い製品の選択に役立ちます。

この記事ではBluetoothとはなにか?バージョンや接続方法について解説します。さらに、Bluetoothを使った製品についても紹介します。

Bluetoothとは?

Bluetoothとはの国際的に共信した無線通信方式の一つです。1対1で10m程度の近距離での通信を想定しています。

Blutoothは1998年にエリクソン、インテル、IBM、ノキア、東芝の5社で策定されました。マウスやキーボード、ヘッドセットなど様々な機器での利用を想定しています。

会社ごと無線通信のやり方が違うと、A社のパソコンにA社のキーボードは使えるけど、B社のものは使えないということが起こります。消費者にとって不便なので、企業間が協力して共通のルールをりました。

Wi-Fiとの違いは?

無線通信でよく使わるものにWi-Fiがありますよね。このWi-Fiとはどのような違いがあるのでしょうか?

Bluetoothは製品と製品の1対1の通信に使われるのに対して、Wi-Fiはネットワークの中継に用いられます。スマホがWi-Fiでルータにつながってルータは基地局と通信しています。

消費電力はBluetoothのほうが抑えられています。Wi-Fiルータは大きなバッテリーを持つか、コンセントにつながっていることが普通です。

一方で、通信容量はBluetoothのほうが抑えられています。最新のバージョンでも最大 24Mbps になります。

Bluetoothのバージョンや互換性について

Bluetooth には様々なバージョンがあります。それについて下の表にまとめました。

バージョン制定年度特徴
1.0 1999年7月 最初のバージョン
1.1 2001年2月 世界で普及し始めたバージョン。
2.1 2007年3月 ペアリングの簡略化により近距離無線通信(NFC)に対応。
3.02009年4月 最大の通信速度が24Mbpsとなる High Speed オプションの追加 。
4.0 2009年12月大幅に省電力化したBluetooth Low Enegy(LE)モードを追加。
5.0 2016年12月 Bluetooth Low Energy の通信速度をが2Mbpsまで増加。低速通信じの到達距離が400mまで延長。

特にBluetooth4.0でのLEモードの追加は重要です。この追加により、ボタン電池一つで数年間通信することが可能になりました。これを応用した製品として、紛失防止タグなどが普及し始めています。

それぞれのバージョンの互換性について気になるかもしれません。実はユーザー側はほとんど気にしなくてよいです。

Bluetoothは複数のバージョンを同時に実装することができます。つまり、お手持ちのスマホが最新なら1~5までのすべてのバージョンに適応しています。

Bluetooth接続手順

接続手順は以下の順番になります。
①一方の機器をペアリング可能状態にします。

②もう一方の機器でペアリング可能な機器を探索します。多くの場合これはお手持ちのスマホになります。

③接続する機器を指定します。

④双方に同一のパスキー(ID)を送って通信を確立する。これは自動でされる場合が多いです。

一度通信が確立されると、接続の手順は不要になります。機器の電源が切れるか、通信範囲外になると一旦接続が中断されますが、復旧すると通信が始まります。

Bluetoothが使われた製品

すでに多くの製品にBluetoothが使われています。すでにつっている人も多いはずです。例を紹介していきます。

・Bluetoothイヤホン

・ Bluetoothマウス

・ 紛失防止タグ

まとめ

Bluetoothとは何か、そのバージョンについてまとめました。技術についての知識があると製品選びに役立つかもしれません。

-Bluetooth

Copyright© ViBES.jpテクノロジーの最高の活かし方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.